日本カーボンエンジニアリング株式会社

事業内容

新時代のソリューションを先進の技術で拓く、NCEK。

 当社は昭和35年8月、日本カーボン株式会社の機械設備の設計・製作ならびに保全を目的とした子会社として、北陸機械工業株式会社の名称で発足しました。その後、技術の習熟と蓄積に努めエンジニアリング部門の基礎を固めてまいりましたが、さらなる飛躍を目標に昭和46年2月に日本カーボンエンジニアリング株式会社と名称変更し、他分野へ進出する体制を整えました。
この間に培われた技術力により、多くのお得意様に確固たる信頼をいただき一般産業機械設備はもとより各種システムにおいても企画、設計から現地据付、試運転に至る一貫したエンジニアリング業務をご提供し続けております。

伝統の技術によって培われてきたレスポンが拓く、黒鉛の新たな可能性。
多彩なフィールドにおいて、顧客ニーズにマッチしたテクノロジーを提案。
一貫したエンジニアリングが新たな価値創造へ貢献します。
先進の技術力が生みだす最良のサービス。生産環境をくまなくサポート。
 
TOP